ベトナムの古都 フエの魅力_ダナン・ホイアンからの日帰りツアーがおすすめ

当ページのリンクには広告が含まれています。
ベトナム旅行_フエ_アイキャッチ

おはようございます。

ベトナムの古都フエは、ダナンやホイアンから、日帰りで行ける観光地です。

ベトナム最後の王朝であるグエン朝の王都が置かれていた場所で、美しい王宮や帝陵(皇帝の陵墓)、寺院などの見どころが、たくさんあります。

1日かけて観光してきましたので、ご紹介したいと思います。

なお、ベトナム旅行(ダナン・ホイアン)の全体スケジュールに興味がある方は、「ベトナム旅行記_ホイアン・ダナン・フエの旅 (3泊5日)」を、ご覧ください。

(スポンサーリンク)

目次

フエへのアクセス

フエは、ダナンやホイアンから、車で行くのが一般的です。

高速道路なら2時間程度、一般道なら3時間程度ですが、一般道を通って、美しい景観が楽しめるランコー湾に寄ってくれるツアーもあります。

筆者が利用したのは、Klookのフエ日帰りツアーです。

あまりフエに関する情報がなかったので、記録として残すことにしました。

ダナン/ホイアンからフエに向かう途中も、美しい景観が楽しめます

フエの見どころ

その① 世界遺産の王宮を見よう

フエは、ベトナム最後の王朝であるグエン朝が約140年間、置かれていた場所で、世界遺産にも登録されています。

ベトナム戦争により、多くの建造物が破壊されましたが、その後修復され、現在では人気の観光スポットとなりました。

王宮の敷地は広大で、当時の宮廷文化を偲ばせる、さまざまな遺跡が残されています。

特に有名なのが、王宮の正門である「午門」や、皇帝の即位式などが行われた「太和殿」、皇太后(皇帝の母)が生活していた「延寿宮 」などです。

ちなみに、筆者が見てよかったなと思っているのは「閲是堂 」です。

閲是堂は、2代皇帝ミンマン帝が建設した、ベトナム最古の劇場で、皇帝や皇族、大使たちが宮廷雅楽を観賞したといわれています。

当時の舞台や楽器、衣装なども美しく保存されていて、とても興味深い場所でした。

王宮を見るなら、ぜひ閲是堂も見学してみてください。

閲是堂では、皇帝や皇族、大使たちが、宮廷雅楽を楽しみました

その② 世界遺産の帝陵を見よう

グエン王朝の歴代皇帝の陵墓は、帝陵と呼ばれています。

現存する帝陵は7つありますが、その全てが世界遺産群に登録されていて、文化的価値が高いものになっています。

興味深いのは、皇帝によって、帝陵の作り方がばらばらで、個性があること。それぞれの皇帝のこだわりや、当時の時代背景などを偲ぶことができます。

特に有名な帝陵は、ミンマン帝、トゥドゥック帝、カイディン帝、の3つの帝陵ですが、筆者のおすすめは、カイディン帝陵です。

カイディン帝は、フランスとの融和政策を取っていたり、美しいものへのこだわりが強い皇帝だったそうです。

そのため、帝陵には各国から集めた器や瓶などが使用され、東洋文化と西洋文化が混じりあったデザインとなっていて、とても不思議、かつ絢爛豪華な造りになっています。

特に美しい、カイディン帝の帝廟。さまざまな器や瓶などを使って、装飾されています。

その③ ティエンムー寺院と、フォーン川

フエには、ベトナムを代表する美しい川、フォーン側があります。

このフォーン側のほとりに、静かにたたずむのが、ティエンムー寺院。

この寺院は、グエン朝をひらいた太祖が、この地を訪れた際に、村民から伝承を聞き、建立したといわれています。

フエで最も古い寺院でありながら、景観や庭園も美しく、観光の疲れも静かに癒してくれます。

ティエンムー寺院からは、フォーン川を見下ろせます

まとめ

ここまで、フエの見どころをご紹介してきました。

ダナンやホイアンからは、1日あれば観光できる場所なので、時間に余裕のある方は、ぜひ行ってみてください。

目次