「仕事ができないのに偉そうな人」どうやって付き合えばいい?

当ページのリンクには広告が含まれています。
仕事ができないのに、偉そうな人とは
  • 仕事ができないのに、偉そうな人がいて、困っている
  • 仕事ができないくせに、いつも上から目線で、いやになる
  • 仕事ができないのに、できると思っていて、腹が立つ

仕事ができないくせに、偉そうな態度を取る人がいると、イライラしますよね。

「仕事ができないくせいに、できると思っているところが、ムカつく」

と、職場でその人をみるだけで、いやな気持ちになってしまうことも。

本記事では、そのような「仕事ができないくせに、偉そうな態度を取る人」について、取り上げます。

彼らに共通する心理や、行動パターン、とるべき対処法などを、わかりやすく解説していきます。

ぜひ、最期まで、ご覧ください。

(スポンサーリンク)

目次

「仕事ができないのに偉そうな人」の心理とは

 

仕事ができないのに偉そうな人

仕事ができないくせに、なぜか偉そうに、上から目線で、接してくる。

正直、イライラするし、やってられないですよね。

そんな彼らに、共通する心理について、みていきましょう。

仕事ができると、勘違いしている

年齢や役職が上がっていくと、「自分は仕事ができる」と、勘違いする人たちが、でてきます。

実際は、部下に助けられながら、仕事をこなしているにも関わらず、すべてが自分の手柄だと思い込んでしまうのです。

プライドが高い

仕事をしていれば、

「あれ、もしかして、失敗したんじゃないか…」

という場面も、あるはず。

ですが、彼らはプライドが高く、仕事ができないという事実を、受け入れることができないんです。

コンプレックスが強い

彼らは、自分が仕事ができないことを、心の奥底ではわかっています。

でも、それを認めることができないのは、コンプレックスが強いから。

自分のコンプレックスを認めることができず、威圧的な態度をとることも、多いのです。

周囲の意見を聞かない

自分の間違いや、力不足を認めることができないため、周囲の話や、アドバイスも、耳に入りません。

職場で孤立していても、まったく、気づくことができないのです。

「仕事ができないのに偉そうな人」に共通する行動パターン

仕事ができないのに偉そうな人

このように、仕事ができないくせに、偉そうな態度を取る人たちには、ある共通パターンがあります。

彼らの「あるある行動」を、みていきましょう。

批判的で、傲慢な態度をとる

自分の非を認めたくないために、他者の仕事ぶりや、行動を、しつこく、ねちねちと、批判してきます。

些細なミスなのに、大げさにさわいだりり、威圧的な態度をとって、部下や同僚を小バカにしようとします。

自分本位の発言や振る舞いが多い

自分が仕事ができないことが、バレないよう、細心の注意を払っています。

そのため、会議などでは常に、自分に都合のいいような発言をくりかえしたり、

面倒な仕事や、むずかしい業務は、他人に押し付けようとします。

部下や後輩を指導ができない

残念なことに、彼らは仕事ができないため、部下や後輩を、育てることができません。

的確なアドバイスができないだけでなく、正しく指示ができず、相手を混乱させてしまうもあります。

ミスを認めない

自身のミスや、他者からの指摘を、受け入れることができません。

その指摘が、正しいものであっても、開き直ったり、人のせいにして、責任逃れをしようとします。

失敗から学ばないため、また同じ失敗を、繰り返すようになります。

「仕事ができないのに偉そうな人」に取るべき対応とは

仕事ができないのに偉そうな人

このように、仕事ができないくせに、偉そうな態度を取る人には、関わっていいことは、何一つ、ありません。

とはいえ、このような上司にあたってしまったり、職場にいる場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

ここからは、具体的な対応方法について、解説していきます。

接点を最小限に抑える

まずは、なるべく接点を減らし、関わらないようにしましょう。

下手に関わり、ストレスを抱えるよりは、黙って見守り、職場に変化が訪れるのを待つことも、一つの方法です。

無駄な対立は避ける

彼らと関わらざるをえない場合は、できるだけ、正面衝突を避けましょう。

こちらが正しかったとしても、相手はプライドが高く、決して間違いを認めることはありません。

かえって、仕事がしづらくなることも。無駄な対立は避けましょう。

とりあえず、褒めておく

「どうやって、接したらいいか、わからない…」

という場合は、とりあえず、褒めておくのも、一案です。

仕事ができなくても、承認欲求が高い彼らは、「褒めてくれる人」には、態度を軟化させる傾向にあります。

別の職場環境を探す

「プライドばかり高くて、使えないやつ」は、なかなか、異動先も見つからないもの。

「どうしても、耐えられない」

という時には、異動や、転職も、検討してみましょう。

 

「今さら、異動や、転職なんて…」

という人には、キャリア相談がおすすめ。

キャリアのプロに相談して、「あなたの気づいていないスキル」を、みいだしてもらいましょう!

▼おすすめのキャリア相談▼

ポジウィルキャリア

「どう生きたいか?」を軸に、自分の適職をみつけられる。やさしく、丁寧な雰囲気で「話しやすい」と人気。20-30代向け。

キャリアコーチング RYOMEI

人材分析のプロが、あなたの「真の強み」や、その強みを活かした働き方を提案してくれる。30-40代向け。

ライフシフトラボ

40代以降の「会社に依存しない働き方」をみつけられる。未経験からの副業/起業もサポート。40-50代向け。 

まとめ

今回の記事では、「仕事ができないのに偉そうな人」との付き合い方について、解説してきました。

要点をまとめると、以下の通り。

  • 「仕事ができないのに偉そうな人」の心理
  • 「仕事ができないのに偉そうな人」の行動パターン
  • 「仕事ができないのに偉そうな人」への対処法

いかがでしたでしょうか。

仕事ができないのに、偉そうな態度を取る人たちは、本当は自分が仕事ができないことを、わかっています。

ですが、プライドが高すぎるために、自分の実力を認めることができなかったり、

相手に、偉そうな態度を取ってしまうのです。

彼らに対して、正面から話をしても、かえって対立が深まるだけ。

できるだけ距離をとり、無駄な対立を避けるようにしましょう。

とはいえ、このような人たちと、長く関わってしまうと、精神的なダメージも受けてしまいます。

結局のところ、「仕事ができないのに偉そうな人」は、変わりません。

どうしても、耐えられない時には、異動を申し出たり、転職先を探すなど、自分自身を守るための行動も、必要となってきます。

自分を冷静に観察しながら、しっかりと働ける環境を、守るようにしましょう。

目次