【怖い】仕事が覚えられない人に共通する特徴と、その対処法を解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • 仕事が覚えられなくて、職場に行くのも怖い…
  • 自分だけが、仕事が覚えられない。仕事が合ってないの?
  • みんなは、どうやって仕事を覚えているの?

「仕事が覚えられなくて、職場に行くのが怖い…」

そのように悩んでいる人も、多いのではないでしょうか。

仕事がわからない、覚えられないのに、なかなか教えてもらえない。

教えてもらえないから、いつまでたっても、仕事ができるようにならない…

仕事が覚えられないと、職場にいづらく、不安になってしまいますよね。

本記事では「仕事が覚えられない」「職場に行くのが怖い」と悩んでいる人に対し、なぜ仕事が覚えられないのか、どうしたら、覚えられるようになるのかを、わかりやすく、解説していきます。

ぜひ、最後まで、ご覧ください。

(スポンサーリンク)

目次

仕事が覚えられない理由 5選

仕事が覚えられなくて怖い

そもそも、なぜ「仕事が覚えられない」と感じるのでしょうか?

まずは、その理由から、みていきましょう。

仕事に慣れていないから

仕事に慣れていない状態では、わからないことが多くて当然です。

たとえスキルや経験があっても、職場には、独自のルールやプロセスがあるため、教わらなければ、わかりません。

新しい職場に移って、数か月程度なら、仕事はこれから覚えるもの

「覚えられない」と、悩む必要はありません。

説明や教育がないから

新しい仕事をするのに、その説明がなければ、できるようにはなりません。

この場合、仕事が覚えられないのは、あなたのせいではなく、職場や上司の問題です。

とはいえ、このままでは、らちがあきません。

上司は「わかっている」と、思い込んでいる可能性もあるので、あなたの方からも「説明をお願いします」と、上司に頼んでみましょう。

仕事量が多すぎるから

仕事が多すぎても、覚えきれなくなります。

せっかく仕事を覚えても、また別の仕事が降ってくる。

このような職場では、いつまでたっても、仕事全体を覚えることはできません

職場の人間関係がよくないから

人間関係のよい職場では、新人がくると、

「 何かわからないことない?」と、気軽に、声をかけてくれます。

周囲からの声かけがない、質問がしづらいような職場は、あまり人間関係がよくないといえます。

仕事が自分に向いていないから

自分の適性に合わない仕事では、仕事も覚えにくいです。

もちろん、努力でカバーできる部分もありますが、適性がない仕事は、やっていても楽しくなかったり、やりがいも感じづらい

どうしても、仕事が覚えられない人は、

「この仕事、自分に向いてるのかな?」ということも、考えてみましょう。

仕事を覚えられない人に共通する特徴 5選

仕事が覚えられなくて怖い

ここでは、仕事が覚えられない人に、どのような共通点があるかを、みていきます。

自分に当てはまるものがないか、チェックしてみてくださいね。

質問しない

「みんな忙しそうで、声をかけられない…」

「わからないと言えなくて、質問できない…」

と、わからないのに、質問しない人、できない人は多いです。

「いつか、わかるだろう」と思っていても、その「いつか」は、永遠に来ないかも。

わからなければ、勇気をだして、質問してみましょう。

メモを取らない

メモを取るのは、意外とむずかしいです。

メモに書いていると、話が頭に入ってこない、

話を聞こうとすると、メモがぐちゃぐちゃになる。

それでも、メモは取った方がいいです。

書いた内容が、自分でも読めないなら、メモを取った後に、整理するようにしましょう

知識やスキルが不足している

仕事の話を聞いていても、内容が理解できない場合、必要な専門知識や、ビジネススキルが不足しているのかも。

専門的な論議が理解できなければ、その分野の専門書を読んでみる。

言葉の意味はわかるのに、話についていけないのなら、ビジネス思考力を強化する。

「論理的思考」「ロジカルシンキング」「フレームワーク」などで検索し、興味のもてそうな本を1冊、読んでみるのも、おすすめです。

コミュニケーションが苦手

人と話すのが苦手な人もいます。

「わからなければ、質問すればいい」といわれても、「教えてくれませんか?」の一言が、なかなか出てこない

人に話しかけるのが苦手な人は「質問内容を、事前にメモしておく」のが、おすすめ。

話しかけた後は、メモを読むだけなので、人に対するハードルを下げることができます。

自分の強みや適性を活かしていない

自分の強みや、適性を活かせていない人も多いです。

その場合、人一倍の努力をしているのにも関わらず、周囲に比べ、自分が劣っているように感じてしまうことも。

「自分の強みや、適性を活かせているか?」ということも、考えてみましょう。

仕事が覚えられない人への対処法 7選

仕事が覚えられなくて怖い

では「仕事が覚えられない」「仕事や職場の人が怖い」というときは、どうすればよいのでしょうか。

ここからは、具体的な対処法について、1つずつ、説明していきます。

筆記用具を持ち歩く

小さなノートとペンをセットにして、いつも、持ち歩くようにしましょう。

服にポケットがなければ、小型のサコッシュなどを利用するのも、おすすめです。

せっかく質問できるチャンスがあっても、手元にメモがないと、

「あ、ちょっと待ってください。今、メモを…」となり、集中して、話を聞けなくなってしまいます。

メモを見直す

メモを取ったら、必ず、見直しましょう。

書きなぐったメモを見ながら、「理解したこと」「今後、注意すべきこと」「聞いてもわからなかったこと」などを、整理しましょう。

質問する前に、準備する

質問するのが苦手な人は、「質問する準備」をしましょう。

質問する前に、メモに「質問したいこと」を、書き出しておく。

メモを見ながら質問すれば、「質問し忘れ」も、なくなります。

同僚と話せる関係をつくる

ちょっとしたことを質問したくても、親しくない人には、聞きづらい。

職場の同僚に、挨拶する、一緒にランチにいくなど、少しずつ、話しやすい関係を作っておきましょう。

わざわざ「質問してもいいですか?」と聞きにいかなくても、簡単な質問なら、ランチをしながら、聞くこともできます。

スキルアップする

自分のスキルがたりなければ、補いましょう。

独学もよいですが、上司や職場の先輩に、おすすめの勉強法を聞いてみてもよいでしょう。

先輩が使った勉強法を紹介してもらうと、その先輩と親しくなったり、わからないことも質問できるので、おすすめです。 

異動希望をだす

自分に向かない仕事をしていると、努力しても、覚えられることに限界があります。

どうしても仕事が覚えられない、という状態が続くなら、社内異動も検討しましょう。

希望する仕事がありそうか、職場の雰囲気は合いそうかなど、事前のリサーチを、お忘れなく。

転職する

社内にやりたい仕事がない…

という人は、転職も考えてみましょう。

自分に合う仕事や職場に移れば、持っているスキルを活かしたり、給与があがることもあります。

  

「自分に合う仕事が、わからない…」という人には、キャリア相談がおすすめ。

初回相談は、無料。キャリアのプロに、仕事の不安や悩みを相談すると、あなたに適したアドバイスがもらえます。

 

ポジウィルキャリア

「どう生きたいか?」を軸に、自分の適性に合う仕事をみつけられる。
やさしく丁寧な雰囲気のため、初めてキャリア相談する人、特に20-30代におすすめ。

きづく。転職相談

転職だけでなく、業界診断や、副業アドバイスにも対応。
ビジネス経験豊富で、「安心して相談できる」と人気。特に30-40代におすすめ。

ライフシフトラボ

自分の適性を活かした副業や、起業、転職を支援してくれる。
無料カウンセリングでは「副業診断」も受けられる。40-50代におすすめ。

キャリア相談って、どんなところ?と気になる方は、以下をご覧ください。

あわせて読みたい

 

まとめ

仕事が覚えられなくて怖い

今回の記事では、「仕事が覚えられない」「仕事が怖い、職場が怖い」という悩む人に対して、その対処法を解説してきました。

要点をまとめると、以下の通り。

  • 仕事が覚えられない理由を知ろう
  • 仕事が覚えられない人の特徴を知ろう
  • 仕事が覚えられない人に、おすすめの対処法

いかがでしたでしょうか。

ひと言で「仕事が覚えられない」といっても、その原因や、対処法は、人によって異なります。

「もしかして、これかな…?」というものがあれば、ぜひ、試してみてください。

そして、「どうやっても、覚えられないよ…」という人は、残念ながら、仕事が合っていないのかも。

すぐに転職しなくても、「自分の強みや、特性を活かせる仕事はないのかな?」と、さがしてみるようにしましょう。

 

    

目次